スポンサーリンク

中谷しのぶアナウンサー謝罪理由と内容コメント!若一光司の激怒動画も

トレンド
スポンサーリンク

中谷しのぶアナウンサーが読売テレビ報道番組の「かんさい情報ネット ten.」で謝罪をしたことが話題になっています。

なぜ謝罪しなければならなかったのか?若一光司氏が「人権感覚の欠如」とまでいった報道の内容はなんだったのでしょうか。ツイッター動画とともに紹介します。

スポンサーリンク

中谷しのぶアナウンサーの謝罪の理由

読売テレビ報道番組「かんさい情報ネット ten.」で5月10日に放送された企画コーナーの「迷ってナンボ!」は、街で出会った一般人の性別を確認するという内容のものでした。

レポーターのお笑い芸人藤原マーケットは大阪にある飲食店店員の「性別が分からない常連客がいる」という声をきき、常連客の性別を知るために、恋人がいるのか、下の名前を聞いたり、胸をさわるような場面もあった。最終的に、常連客の保険証を見せてもらって“解決”にいたった。

VTRが終わると、番組のコメンテーターの作家若一光司氏は「男性か女性かという聞き方、許しがたい人権感覚の欠如ですね」とコメントをします。

さらにつづけて「個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃない」と叱責しました。

一斉に静かになったスタジオでしたが、若一氏は続けて「こんなもんよう平気で放送できるね。報道番組として、どういう感覚や。ちゃんと考えろよ!」と語気を強めました。

これに対してアナウンサー中谷しのぶさんは「皆さんの悩みを聞きながらということですから……」とフォローをしようとしましたが、若一氏はそれを遮って「たとえご本人がテレビに出ることを了解していても、個人のセクシャリティにそういうアプローチをすること自体が人権感覚、人権意識にもとります」と発言しました。


番組の放送終了後にはツイッターなどで「人権感覚の欠如」について多くの意見が寄せられました。

スポンサーリンク

中谷しのぶアナウンサーの謝罪と世間の反応は?

5月13日の「かんさい情報ネット ten.」のオープニングで中谷しのぶアナウンサーは「あいまいな態度をとってしまった」「二度とこのようなことがないようにする」と目をうるませて深々と頭をさげました。

解説デスクの小島康裕氏も同様に謝罪しました。

読売テレビは「迷ってナンボ!」を休止すると発表しています。

謝罪に対しての世間のコメントをみてみましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました