スポンサーリンク

中村匠吾のネックレスはどこの?ツイッターやプロフィール紹介!

イベント・スポーツ

2020年東京オリンピックのマラソン競技の、出場権を獲得しており、今注目度の高い、中村匠吾。

そこで今回は、中村匠吾について、いつもつけているネックレスはどこのものなのか?

ツイッターやプロフィールも合わせてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

中村匠吾のネックレスはどこのもの?

2019年9月15日に行われた、東京オリンピック代表選考レースの、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で、2時間11分28秒で完走し、優勝した、中村匠吾選手。

 

見事、東京オリンピックへの出場権を獲得しました。

 

中村選手を含め、多くのアスリート達は、よくネックレスをつけていますよね。

 

ほとんどが健康ネックレスのようですが、みなさんどこのものを使っているのでしょうか?

 

今回は、中村選手のネックレスについて調べてみました。

 

中村選手は、箱根駅伝強豪校の、駒澤大学出身です。

 

スポーツの強豪校は、企業のサポートを受けていることが多く、駒澤大学もそのうちの1校であり、明治(ザバス等)を始めとした、メーカーのブランドからサポートを受けています。

 

その中には、健康ネックレスの大手企業「ファイテン社」も含まれており、体のケアや回復の面でも、支えられています。

 

2017年に新築された選手寮には、ファイテン社の商品が色々と導入されました。

 

ボディケアルームに、中足骨をマッサージする、フットマッサージャーや、足指間を刺激するマッサージ器、酸素カプセル等が設置され、選手達が自由に使えるようになっています。

 

駒澤大学では、様々な面でファイテン社の商品を使っており、選手達の使っている、健康ネックレスもファイテン社のものが多いようです。

 

種類は豊富で、中でも人気のものが3つあります。

 

1つめ、炭化チェーンネックレス
チタン製の黒いチェーン状のネックレスで、特殊な電気加工が施されています。

 

表面は、強固な酸化被膜を形成しており、金属アレルギーを起こしにくく、軽くて丈夫な作りとなっています。

 

その機能性と、シンプルかつかっこいいデザインで、オンオフ問わずに使えることから、とても人気です。

 

多くのトップランナーが愛用中とのこと。

 

2つめ、チタン水晶ネックレス
透明の数珠風のネックレスで、こちらも特殊な電気加工が施されています。

 

水晶の表面にチタンがコーティングされており、金属アレルギーの心配が少ないです。

 

透明なので、単体でも、重ね付けでも綺麗に見えるデザインとなっており、こちらも人気の高いものとなっています。

 

3つめ、EXTREME PERFORMANCE GEARシリーズ
ファイテン社最高技術「メタックス」が使われたネックレス。

 

「メタックス」とは、アクアチタン等のアクアメタルを複数組み合わせた、ファイテン社独自の技術です。

 

リラックスしたり、心身のバランスを保ったり、神経調節を介した緊張緩和、筋・腱機能の回復等の効果があります。

 

デザインや素材が違ったモデルがたくさんあるので、他の人と被らないことで人気です。素材が違っていても、得られる効果は同じなのだそうです。

 

 

中村選手が大学時代に、どのデザインを使っていたのかは、わかりませんでした。

 

ですが、ツイッターで5年ぐらい前の写真として、大学時代の写真をあげており、首元には、炭化チェーンネックレスに似たものが。

 

白黒なので、はっきりとはわかりませんが、おそらく、炭化チェーンネックレスではないかと、思われます。

 

卒業後も、ファイテン社のものを使っているかどうかも、残念ながら、はっきりとわかりませんでした。

 

中村選手が現在使っているネックレスのデザインを、ファイテン社のウェブサイトで探してみましたが、見つかりませんでした。

 

もしかすると、特注で作ってもらったものか、もしくは、別の会社のものかもしれません。

 

全く情報がなかったので、そもそも、健康ネックレスかどうかも定かではありません。

 

気になる方は、中村選手のネックレスにも注目してみてください。

 

スポンサーリンク

中村匠吾のツイッターやプロフィール紹介

プロフィール
中村匠吾(なかむら しょうご)

1992年9月16日生まれ 27歳(2020年1月現在)
三重県四日市市出身

高校 : 上野工業高校
大学 : 駒澤大学
所属 : 富士通

 

2010年高校3年の時、沖縄インターハイ5000mで3位(日本人2位)。同年10月には、5000m13分50秒38を記録し、 高校歴代7位(当時)、同世代の中で最高記録保持者となりました。

 

2013年大学3年の時、関東インカレ2部10000mで優勝、日本選手権10000mで5位、ユニバーシアードでは、銅メダル獲得。

 

大学4年の時には、主将を務め、全日本大学駅伝で、駒澤大学の4連覇に大きく貢献しました。

 

第91回箱根駅伝では、1区を走り、区間賞を獲得する等、三大駅伝全ての1区の区間賞を獲得しています。

 

2018年3月に行われた、第73回びわ湖毎日マラソンに出場し、2時間10分51秒で7位(日本人1位)。この大会が、中村選手にとって初のフルマラソン大会となりました。

 

2018年9月に行われた、ベルリンマラソンでは、2時間8分16秒と、自己最高記録をマークし、結果は4位。この時も日本人1位でした。

 

マラソングランドチャンピオンシップでの優勝を含め、どのマラソンでも素晴らしい結果を残している、中村選手ですが、レース中に嘔吐したというエピソードがあります。

 

マラソングランドチャンピオンシップの終盤38km付近で、コースの脇に行って吐き、他の選手に遅れを取りながらも、走り続けました。

 

吐いてスッキリしたためか、ラスト約3kmでペースが上がり、優勝しました。

 

ご本人は、「内臓にきたため、吐いた」と語っています。

 

ベルリンマラソンでも、レース中に嘔吐したそうです。

 

体調面が心配になりますが、嘔吐後、ペースアップし、素晴らしい走りを見せているので、大丈夫のようですね。

 

中村匠吾選手のツイッター
Shogorun0916

 

中村選手のご家族についての情報はなく、不明ですが、陸上競技をしている弟さんがいるようです。

 

年齢等わかりませんが、お兄さんのように活躍すると、注目が集まり、どんな方なのかわかるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

調べた結果、残念ながら中村匠吾選手のネックレスについて、情報がなかったので、わかりませんでした。

中村選手や、他のアスリートの方々がよくつけている、健康ネックレスは、最近のものだと、デザイン性が高く、おしゃれなものが多いので気になります。

オリンピックで走る姿を見る際は、ネックレスにも注目したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました