スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのキャストのインスタ紹介!本物と比較も

音楽 MOVIE

世界中にクイーン旋風を巻き起こした映画『ボヘミアン・ラプソディ』。

今回はその『ボヘミアン・ラプソディ』でメインキャストを演じた役者陣のプロフィールとインスタをご紹介します。また、本物のクイーンとどれくらい似ているのかも比較してみました。 

 ボヘミアンラプソディのキャストのインスタ紹介!

 

日本でも大きな話題となり、リピーターも続出した映画『ボヘミアン・ラプソディ』。

この映画でメインキャストを演じた俳優達は、普段はどのような人物なのか素顔が気になりませんか?それぞれのプロフィールと素顔が覗けるインスタをご紹介します。

 フレディ・マーキュリー役:ラミ・マレック

 クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーを演じたのがラミ・マレックです。

 そんなラミはインスタをやっていますが、ほとんど投稿がありません……!これから増えていくことに期待しましょう。

【インスタ】ramimalek

 

View this post on Instagram

 

Always down for a photo @theellenshow

A post shared by @ ramimalek on

ラミ・マレックは、1981512日にアメリカのロサンゼルスで、エジプト人の両親のもとに生まれました。

家族構成は両親、姉、弟。ラミと弟は双子(一卵性双生児)な為、顔がそっくりだそうです。 

2004年に俳優業を始めたラミ。翌20052007年に放送された『The war at Home』で主人公の隣の家に住むゲイの少年ケニーを演じると、すぐに人気俳優の仲間入りを果たします。

そして2006年、2009年、2014年に公開された映画『ナイトミュージアム』シリーズではエジプトのファラオを演じて知名度を上げていきました。この映画はラミの映画デビュー作品でもあります。

更に2015年から始まったドラマ『MR.ROBOT』では、主役のエリオット・オルダーソン役を務めました。昼はプログラマー、夜はハッカーという顔を持ち、更に精神病を患っているという複雑な役を見事に演じた結果、ゴールデングローブ賞に2年連続ノミネートされた他、第68回エミー賞のドラマシリーズ部門で主演男優賞を獲得しました。

 その勢いのまま、『ボヘミアン・ラプソディ』のフレディ役を勝ち取り、フレディ・マーキュリーが乗り移ったとも言われるほどの名演をスクリーンで見せてくれました。アカデミー賞では主演男優賞を獲得したことも記憶に新しいですよね。

また『ボヘミアン・ラプソディ』での共演がきっかけとなり、メアリー・オースティン役だったルーシー・ボイントンと私生活でも交際をしています。

 メアリー・オースティン役:ルーシー・ボイントン

 フレディと生涯固い絆で結ばれていたメアリー・オースティン役を演じたのがルーシー・ボイントンです。 

ルーシー・ボイントンはインスタをやっています。おしゃれアイコンとしても知られるようになった彼女らしい、華やかで美しい投稿が多いです。

【インスタ】lucyboynton1 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Lucy Boynton (@lucyboynton1) on

 ルーシー・ボイントンは1994117日にアメリカのニューヨークで生まれ、5歳の時からイギリスのロンドンで育ちました。

家族構成は両親と姉一人で、父親は新聞社の編集者、母親は紀行作家だそうです。

 ルーシーは2006年公開の映画『ミス・ポター』でデビューを果たしました。この映画はピーターラビットの原作者が主人公で、ルーシーはその少女時代を演じました。

撮影初日、ルーシーは「人生で一番素敵な日」とコメントしたそうですよ。

2007年には同作品で、第28回ヤング・アーティスト・アワードの映画部門最優秀助演女優賞にノミネートされました。

同じく2007年には、イギリスBBCのテレビ映画『バレエ・シューズ』で主要キャストの一人を演じました。この映画ではハリー・ポッターシリーズで知られるエマ・ワトソンと共演しています。

ルーシーはその後も多くのドラマ、映画作品に出演し、確実にキャリアを積んでいきました。2016年には『シング・ストリート 未来へのうた』など、2017年には映画『オリエント急行殺人事件』などに出演しています。 

そして、その名前を一躍知らしめることになったのが映画『ボヘミアン・ラプソディ』。

フレディ・マーキュリーの恋人であり、破局後も最後まで大切な友人として居続けたメアリー・オースティンを演じました。ルーシーは現在、この映画でフレディ役を演じたラミ・マレックと交際しています。 

彼女はまだ25歳ですが、既に女優として多くの経験を積んできており、これからの活躍に期待がかかる女優の一人でしょう。 

 ブライアン・メイ役:グウィリム・リー

 クイーンのギター、ブライアン・メイを演じたのがグウィリム・リーです。

グウィリムもインスタをやっていますよ。親しみやすい雰囲気の写真が多いです。

【インスタ】mrgwilymlee

  グウィリム・リーは19831124日にイギリスのブリストルで生まれました。家族は両親と3人の兄弟がいるそうです。実はグウィリムが生まれた1124日はフレディ・マーキュリーの命日でもあり、なんだか運命的なものを感じさせられます。

グウィリムは10代で劇団に所属し、19971998年には児童文学が原作のテレビドラマに出演しました。

更に16歳の時には、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーという歴史の古い有名な大劇団に所属し、『リチャード三世』に出演します。

その後、第二次世界対戦を舞台にしたテレビドラマ『ランド・ガールズ』の最終シーズンにレギュラー出演するなど、テレビドラマと舞台の両方で活躍していきます。2010年には舞台『リア王』でエドガー役を演じ、イアンチャールソン賞を受賞しました。 

それまでイギリスを中心に活動していたグウィリムが世界的に注目されるようになったのが、『ボヘミアン・ラプソディ』でのブライアン・メイ役です。

ブライアン・メイ本人の若かりし頃と似すぎていると話題にもなりましたね。グウィリムがこの大役を射止められたのは、やはりテレビや舞台で培った多くの経験があったからこそでしょう。今後の活躍にも期待です。

ロジャー・テイラー役:ベン・ハーディ

 クイーンのドラム、ロジャー・テイラーを演じたのがベン・ハーディです。

 ベン・ハーディは、199112日にイギリスのドーセットで生まれました。本名はベン・ジョーンズといいます。

ベンもインスタをやっています。楽しそうな写真が多いですね。

【インスタ】benhardy

 

View this post on Instagram

 

If you donated. Thankyou. Sincerely.

A post shared by Ben Hardy (@benhardy) on

ベンは学生時代に学校映画に出演し、その後2012年から俳優として活動を始めました。2012年には『The Judas Kiss』という舞台でアーサー・ウェルズリーという役を演じます。

この舞台はツアーも行われるほど高い評価を受けましたが、ベンの役はヌードになる必要があり、後に「信じられないほど神経を痛め付ける」と表現するほど彼にとってはキツい体験だったようです。

2013年~2015年にはBBCの長寿ドラマ『イーストエンダーズ』に出演しました。

そして、2016年にベンは映画『XMEN:アポカリプス』で映画デビューを飾ります。翌2017年にはフランケンシュタイン作者が主役の映画『メアリーの総て』、巨大山火事に立ち向かった消防士達の実話を映画にした『オンリー・ザ・ブレイブ』に出演しました。

 2018年の『ボヘミアン・ラプソディ』ではドラムのロジャー・テイラー役を演じたベン。この映画のオーディション時に、ベンにまつわる驚きのエピソードがあります。

オーディションでは「ドラムを叩ける」とアピールしたベンですが、実際の演奏経験はゼロ。そこから猛特訓を始め、短期間でドラムが叩けるようになっただけではなく、更にロジャー・テイラーの癖までも身につけたというから信じられません。

努力の賜物というか、才能があったとしか思えませんね。その甲斐あって、映画でドラムを叩くシーンは全てベンの手元が映されているそうですよ。

 その整った顔立ちから女性ファンも急増したベン。今後の活躍から目が離せません。

ジョン・ディーコン役:ジョゼフ・マゼロ

 クイーンのベース、ジョン・ディーコン役を演じたのがジョゼフ・マゼロです。

ジョゼフのインスタの最近の投稿はボヘミアン・ラプソディ関係のものが多く、楽しそうな舞台裏を見ることが出来ます。

【インスタ】joe_mazzello

 

View this post on Instagram

 

Oh I see you Oscar winner… #vanityfairoscarparty

A post shared by Joe Mazzello (@joe_mazzello) on

  ジョゼフ・マゼロは1983921日にアメリカのニューヨークで生まれました。

父親が舞台芸術学校を所有していることもあって、幼い時から演劇に触れる機会が多かったのではないでしょうか。姉と弟がおり、弟は俳優として活動しているそうです。子供の頃には姉とも映画で共演したようですよ。 

ジョゼフは5歳の時に幼児虐待をテーマにした映画でデビューしました。

1993年にはあの『ジュラシック・パーク』に子役として出演しています!1995年には『マイ・フレンド・フォーエバー』にも出演しました。

ジョゼフはその後も映画、ドラマと活躍していきます。2010年にはFacebook創設者を主役にした映画『ソーシャル・ネットワーク』に出演、太平洋戦争を舞台にしたドラマ『ザ・パシフィック』では主役の一人を演じました。

このザ・パシフィックにはラミ・マレックも出演していて、『ボヘミアン・ラプソディ』で再共演となりました。 

ジョゼフは20193月に『Joe Mazzello Is Bored』というYouTube公式チャンネルを開設、なんとYouTuberとしての活動も始めています。

今後は更に多岐に渡っての活動を見せてくれそうですね。

ボヘミアンラプソディのキャストを本物と比較

 世界的に有名なバンド『クイーン』を題材にした映画『ボヘミアン・ラプソディ』ですが、メインのキャスト達が皆本物にそっくり過ぎると話題ですよね。

どのくらい似ているのか、比較画像がありましたのでご紹介します。

【比較画像】上が映画のキャストです。

 

【比較画像】下の写真が映画のキャストです

更に本物の写真も上げてみました。

 

【フレディとメアリーの2ショット】

まとめ

 ボヘミアンラプソディのメインキャストのプロフィール、インスタについてご紹介しました。

本物と比較してみても、映画での彼らのビジュアルが実際のクイーンと本当にそっくりな事も分かりましたね。すごい再限度です。

ボヘミアンラプソディで、素敵な演技を見せてくれた彼らの今後の活躍にも期待しましょう! 

ボヘミアンラプソディを今すぐ観たいならU-NEXTで

お試し期間を利用して無料視聴したい方はこちら⇒U-NEXT31日間無料トライアル

U-NEXTにはポイントなしでみられる「見放題作品」もたくさんあり、最新作品が豊富で、映画、ドラマ、アニメ、韓流、アイドル、パチスロなどが充実しています。

 

そのほか、雑誌・コミックなどの書籍も盛りだくさんです。

 

アカウントを4つ作ることができるというのも特徴で家族ひとりひとりの見ている動画の記録がのこるので、自分がみたい動画やみかけの動画を簡単にさがせます。

 

さらに便利なのが動画をダンロードできるため、ネットがつながらない場所でもあらかじめダウンロードしておいて楽しめます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました