グランメゾン東京は面白くない!という感想とその理由のまとめ

ドラマ・映画・アニメ

2019年10月20日21時スタートTBS系日曜劇場、木村拓哉主演の「グランメゾン東京」。

現在放送中ですが、ネット上では、面白くないという声も上がっています。

そこで今回は、グランメゾン東京は面白くない!という感想とその理由のまとめをご紹介します。

グランメゾン東京は面白くない!という感想とその理由のまとめ

グランメゾン東京は、型破りなスタイルで、料理に人生をかけ、その優れた才能で、パリにお店を持ち、二つ星を獲得した、フレンチシェフ・尾花夏樹(木村拓哉)。

自身の慢心から招いた重大事件によって、その座を追われ、店も仲間も全てを失ってしまいます。

どん底まで転落した尾花は、シェフ・早見倫子と出会い、もう一度シェフとしてやり直し、周囲と衝突しながらも、新しい仲間とともに、世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと、奮闘する様子が繰り広げられるドラマとなっています。

ネット上で、このドラマが面白くないという意見をいくつかご紹介。

 

 

・ワンパターンでつまらない
・内容が読める
・キムタクは嫌われ者の設定だけど、実は違うのが見え見え
・ストーリーが王道でよくある展開でつまらない

 

1番良く見かけた意見は、「ストーリーの先が見えてしまってつまらない」。

確かに、才能あるシェフが全てを失って、再起し奮闘する姿を描くドラマで、目指すところが、三つ星レストランを作ること、と決まっていれば、最終的にこうなるのではないか、と予想できてしまうかもしれません。

他に多かった意見は、

 

 

 

・キムタクの演技が自然体じゃない
・キムタクになっている
・何をやってもキムタク
・いかにもキムタクのドラマって感じで捻りがない
・主演がキムタクだと、脚本家もプロデューサーもスタッフも、キムタクを格好良く見せないといけない、と勝手に忖度しまくって、ドラマが変な方向に捻じ曲がってしまうので、期待できない

 

主演の木村拓哉さんに対してのコメントが目立ちました。

木村さんと言えば、主演のたびにこういった意見が飛び交っているようにも感じます。「キムタク独特の世界観で予測がつく」という意見もありました。

他の意見では、
・昔のトレンディドラマみたい
・日曜劇場は、感動できる、涙が出てくるドラマであってほしい

などの意見もありました。

グランメゾン東京が面白くないという大きな理由は、内容が読めてしまうことと、主演の木村拓哉さんの世界観が強すぎること、の2つだと思われます。

 

一方で、面白いという意見もまとめてみました。

・キムタクの世界観がたまらない、キムタクらしいドラマ
・キムタクのドラマは、キムタクにしか出せない空気感で、どのドラマもおもしろい
・キムタクは、人をひきつける華がある
・自分のキャラを把握し、表現して、役柄にのまれることなく、演技できるのはすごい

先程の面白くない意見とは反対に、木村さんの世界観が良い、という意見が多くありました。

木村さん独特の世界観が出ているからこそ面白い、その世界観にハマっている人は、特に面白いと感じるのだと思われます。

「何をやってもキムタク」という意見がありましたが、確かに、役柄にのまれることなく演技できるところや、キムタクにしか出せない空気感があるところ等、ある意味「何をやってもキムタク」になっていて、すごいことなんだなと思います。

他の意見で、
・鈴木京香さんありきのドラマ
・他の俳優さんたちが豪華で、深みのある演技に惹きつけられる
・話しのテンポや展開、それぞれの個性がおもしろい

など、他の俳優さんたちについての意見もいくつかありました。

他に、
・期待以上に面白い
・期待していなかったが、見たら面白かった
・映画を一本見たのような満足感
・引き込まれる
・毎週日曜日が楽しみ

などの意見もありました。

まとめ

今回、グランメゾン東京の感想を調べてみたしたが、全体的に、面白くない意見に比べて、面白い意見のほうが多いように感じました。

主演が木村拓哉さんだけに、その世界観の好みで意見が分かれているように思います。

また、料理・レストラン関連ドラマの好みにもよるとも思われます。

グランメゾン東京の見逃し動画を1話から最終話まで無料で見る方法!
TBS日曜劇場「グランメゾン東京」2019年10月20日午後9時からスタートします! 木村拓哉さんが挫折した天才シェフを、鈴木京香さんが木村さんとタッグを組んで最高のレストランを目指す女性シェフを演じます。 今回は「グランメゾン...

コメント

タイトルとURLをコピーしました