スポンサーリンク

東京オリンピック野球日本代表 メンバーは?年齢制限や復活理由についても

東京オリンピック イベント・スポーツ
スポンサーリンク

今回は東京オリンピックで行われる野球の日本代表メンバーをご紹介していこうと思います。他にも年齢制限はあるのかや正式種目として復活した理由についても調べてみました。

スポンサーリンク

東京オリンピック野球日本代表 メンバー

東京オリンピックの野球日本代表は、稲葉篤紀監督が率いる“侍ジャパン”です。現在はまだオリンピック代表メンバーは発表されていないため、注目選手を上げていこうと思います。

東京オリンピックでの1チームの人数は24人となっています。WBCより4人も少ない編成となるため、メンバー構成も試合の勝敗に大きく関わってきますね。

まず、ジャイアンツの菅野智之投手は日本の絶対的エースとして必ず選ばれるでしょう。菅野投手は2018年には投手三冠(最多勝、最優秀防御率、最多奪三振)と、最も優れた投手に贈られる沢村賞を獲得しました。東京オリンピックでもエースの活躍に期待ですね!

監督の口から主将としての働きを期待すると名前が上がったのは、ジャイアンツの主将を務める坂本勇人内野手です。広い守備範囲に、2016年に遊撃手として初の首位打者を獲得するほどの打撃センス、そして侍ジャパンとしての経験も豊富な為、東京オリンピックでも世界を相手にチームを引っ張っていくことが期待されます。

2018年に3回目のトリプルスリーを達成したヤクルトスワローズの山田哲人内野手にも期待がかかります。その圧倒的な打撃や盗塁で、ここぞという場面で得点を稼いでほしいですね。

ソフトバンクホークスの柳田悠岐外野手は2018年に2度目の首位打者と4年連続の最高出塁率を獲得しました。外国人選手の速い球も難なく打ててしまえる彼の力は、オリンピックには欠かせません。

捕手では、西武ライオンズの森友哉捕手やソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手が選ばれそうです。

今後正式なメンバーが発表され次第、お伝えしていこうと思います。

稲葉監督は東京オリンピックでの金メダル獲得を公言しています。そこでどのようなメンバーを揃えるのか注目が集まりますね!そして何よりいつもは別々のチームのメンバーが一堂に集い、仲間として戦う姿というのは、アツいものがありますよね~!

スポンサーリンク

東京オリンピック野球日本代表の年齢制限や復活理由について

まず始めに、オリンピックの野球競技に年齢制限はありません

なので実力のある選手なら年齢関係なく出場することが出来ます。誕生日まであと数ヶ月足りないから出れない、なんてことが起きないので安心ですね。

ただ年齢制限はなくても、メジャーで活躍している選手が参加出来なさそうなのが残念なところです……。

オリンピック期間中は日本国内のプロ野球は中断するものの、メジャーリーグは通常通り行われます。

その為大谷や田中、ダルビッシュ、前田といった現在メジャーで活躍している日本人選手が参加する可能性は薄いと思われます。でも望みは捨てないでおきましょう。物凄いメンツが揃う可能性もゼロじゃありません。

こうして盛り上がりを見せている野球ですが、2008年の北京オリンピックを最後に正式種目から外されていたんですよね。

ではなぜ今回復活したのでしょうか。

今回、野球は追加種目として日本から国際オリンピック委員会へ提案されました。そこで選ばれた一番の大きな理由は、開催国である日本で野球がとってもメジャーなスポーツであるからのようです。

新たに会場を建設する必要もなく、何より開催国が更に盛り上がる為歓迎されたのでしょう。

ただし、次回の2024年パリオリンピックでは、再び正式種目から外されることが決定してしまいました。現状ではオリンピックの舞台で野球が行われるのは東京オリンピックだけとなっています。次に見られるのはいつになるか分かりません。今回の熱戦をしっかりと目に焼き付けておきたいところですね。

スポンサーリンク

まとめ

東京オリンピックの野球に日本はどのようなメンバーで臨むのか、代表発表が待ち遠しいですね!今回は金メダルの期待もかかっているので、豪華な面々を期待したいです!

こちらの記事もおすすめです!

東京オリンピック野球トーナメント表・予選大会は?日本やアメリカの日程や対戦国についても

東京オリンピック・バスケの日程やチケットの値段!アメリカの試合はいつ?

東京オリンピック1964年の影響や経済効果は?2020年の予測

東京オリンピック1964年の聖火リレーコース地図・ランナーの紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました