スポンサーリンク

天神祭奉納花火2019穴場スポットは?日程や時間・アクセス情報!

イベント
スポンサーリンク

毎年約130万人以上が訪れると言われている、京都の祇園祭・東京の神田祭に並ぶ日本三大祭りの1つ、そして大阪府内でも、愛染まつり・住吉祭に並ぶ三大祭りとして有名な、天神祭の奉納花火2019の穴場スポット、日程、時間、アクセス情報をご紹介します。

天神祭とは、大阪天満宮に祀られている、祭神・菅原道真公の命日にちなんだ縁日で、市内の繁栄を菅原道真公の御神霊に見ていただくため、さらなる繁栄を祈願するための巡業が行われる、1000年以上の歴史ある伝統の祭りです。

巡業で有名なのが、陸渡御(おかとぎょ)と船渡御(ふなとぎょ)です。

陸渡御(おかとぎょ)は、豪華な衣装を身にまとった約3000人の大行列が、大阪天満宮表門から、船渡御の乗船場まで約4キロの道のりを練り歩き、なにわの街を彩らせます。

船渡御(ふなとぎょ)は、祭りのクライマックスに、約100隻の様々な船が大川を行き交い、船のかがり火と夜空の花火の光が混ざった、幻想的な光景を見ることができます。

この天神祭奉納花火は、全国人気ランキングでは20位、大阪府内では第3位で人気の高い花火大会となっています。

約5000発の花火が打ち上げられる予定で、中でも、この花火大会でしか見れない、菅原道真公にちなんだ梅鉢型の「紅梅花火」、速射連発で打ち上げられる「スターマイン」、1度に10文字まで打ち上げられる「仕掛け文字花火」、夜空からの光のシャワー「空中ナイアガラ」等が見どころです。

スポンサーリンク

天神祭奉納花火2019穴場スポットを紹介

花火大会では花火を見るための場所が重要になりますよね。せっかく楽しみにしていたのに、見辛かったり、見えなかったりすると楽しさも半減してしまいます。そうならないためにも、おすすめの穴場スポットをいくつかご紹介します。

花火の打ち上げスポットは、毛馬桜之宮公園川崎公園の2箇所となっています。

1つめ、都島橋周辺

桜ノ宮駅付近にあり、ライトアップされた大阪城も一緒に楽しめます。混雑は予想されますが、人気の鑑賞スポットよりは比較的場所取りがしやすいようです。

2つめ、飛翔橋

自転車・歩行者専用の橋で、都島橋から北へ歩くと辿り着きます。打ち上げスポットからは離れてしまいますが、人が少ないのでゆっくり見れます。

3つめ、源八橋

桜ノ宮駅すぐの所で、打ち上げスポットが近く、人気の場所です。そのため、とても混雑するので、花火をしっかり堪能したい方は早めに行って場所取りをすることをおすすめします。

4つめ、川崎橋

自転車・歩行者専用の橋で、JR東西線の大阪城北詰駅が最寄りです。打ち上げスポットから少し離れているため、ゆっくり見ることができます。近くに公衆トイレがあるので、鑑賞中等にトイレの心配をしなくて大丈夫です。南へ行くと見辛くなってしまうのでご注意ください。

5つめ、桜宮橋付近

最寄りは、JR東西線の京橋駅、京阪線の京橋駅か、地下鉄京橋駅で、桜之宮公園と川崎公園の両方の打ち上げスポットを楽しめます。人気の場所なのでかなり混み合います。
6つめ、OAPタワー 大阪アメニティパーク付近
最寄りは、JR大阪天満宮駅です。大川のほとりにある、タワー付近の広場は、打ち上げスポットが真正面なので、大迫力の花火を見ることができます。こちらも人気でかなり混み合います。

スポンサーリンク

天神祭奉納花火2019の日程と時間

天神祭は、前夜祭の宵宮、後夜祭の本宮があり、花火大会は本宮で行われます。

花火大会の日程は、毎年7月25日で、時間は、19:30〜20:50となっています。

前夜祭は、前日の24日に行われます。

お祭りでは、18時頃からクライマックスの船渡御が始まるようです。

スポンサーリンク

天神祭奉納花火2019のアクセス情報

会場には臨時駐車場等はないので、車よりも電車で行くことをおすすめします。

会場へのアクセス

JR桜ノ宮駅西口から南へ桜之宮公園沿いに歩いて約2分
地下鉄天満橋駅から歩いて約5分

もし車で行かれる場合は、自身で駐車場を探さなくてはならないことと、お祭り周辺では交通規制があることにお気をつけください。

川崎橋進入禁止、土佐堀通・国道1号線は例年交通規制があります。

交通規制が行われるのは、7月24日・25日で、具体的な場所はまだわかりませんが、25日は陸渡御のため、周辺道路は通行禁止になるようです。

注意点
毎年たくさんの人が訪れますし、お祭りは広範囲かつ同時に行われるため、行きたい場所を絞って行動した方が良いでしょう。あちらこちら周っていると、花火もお祭りも中途半端で終わってしまったと言う方が多いようです。

スポンサーリンク

まとめ

夏のイベントに欠かせないのが、夏祭りや花火大会ですよね。

私は両方とも夏を感じれるのでとても好きです。浴衣を着るとさらに良いですね。

関西にお住まいの方や、大阪方面へ旅行を計画されている方は、是非日本の代表的な天神祭の花火大会に足を運んで、日本の夏を感じてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました