スポンサーリンク

みなとこうべ海上花火大会2019有料席・穴場スポット!出店やライブ配信も

花火 スポーツ・イベント
スポンサーリンク

神戸の美しい夜景とともに、夏の夜空を彩る花火のコントラストを楽しめる、みなとこうべ海上花火大会。兵庫県で最大の花火大会で、毎年多くの人々が訪れます。ここでは、みなとこうべ海上花火大会2019の、有料席・穴場スポット・出店・ライブ配信についての情報を調査していきます。

スポンサーリンク

みなとこうべ海上花火大会2019有料席・穴場スポット

日程 2019年8月3日土曜日※荒天時中止(当日の15:00に決定される)

場所 神戸港(新港突堤からメリケンパーク南側海上)

アクセス JR東海道本線 元町駅から徒歩約20分

毎年20万人以上の人々が訪れ、今年の予想は約28万人となっています。打ち上げ数は、はっきりとはわかりませんが、2017年には、神戸開港150周年を記念して1万5000発の花火が打ち上げられ、続いて2018年でも、兵庫県政150周年を記念して、1万5000発打ち上げられました。

今年は、1万〜1万5000発と予想されています。元々は、500発だった打ち上げ数が、年々2000発、5000発と上がっていき、今では1万5000発に達し、兵庫県最大の花火大会と言われています。

中でも、連続で打ち上がる、圧巻のフィナーレは見ものです。

有料席

今年から新たな有料席が2箇所増えたようで、合計4箇所の有料席が設けられています。

1、メリケンパーク(展望広場)
新しい有料席です。イスの準備有り、完全指定席です。
前売券:4500円 当日券:5000円(未定)

2、高浜岸壁前(神戸ハーバーランド モザイク付近)
新しい有料席です。イスの準備有り、自由席です。
前売券:4000円 当日券:4500円(未定)

3、新港第2突堤前・新港第4突堤前(ポートターミナル2・3階西側送迎デッキ)
こちらは毎年おなじみの有料席です。イスの準備有り、自由席です。
前売券:3100円 当日券:3600円(未定)

2019年6月24日より販売開始です。当日券は、前売券の販売状況によって、無い場合もありますので、前売券の購入をおすすめします。料金は、全て大人料金で、子供料金の詳細はまだわかりません。

穴場スポット

1、ポーアイしおさい公園(ポートアイランド西公園)
神戸の夜景とともに花火を鑑賞できるスポットです。近年知名度が高まり、屋台もあるので、人は少なくありませんが、スペースが広いため案外ゆったりと見ることができます。
ポートライナー 中公園駅から徒歩約7分

2、ポートアイランド北公園
こちらも神戸の夜景とともに花火を鑑賞できます。スペースは広くありませんが、開放的で見やすいです。
ポートライナー 中公園駅から徒歩約8分(神戸大橋に向かって歩きます)

3、新港第2突堤北側
屋台が第1突堤までなので、人が多くなく、比較的ゆっくりと見ることができます。道中、屋台や自販機、コンビニ等がほぼないので、事前に飲み物や食べ物を、準備しておいたほうが良いかもしれません。
ポートライナー ポートターミナル駅から徒歩約13分

4、新港第4突堤から新港第2、3突堤をつなぐ道路
人がほぼ通り過ぎるので、ゆったりと見ることができます。ただし、目の前に防波堤があり、スターマイン等の仕掛け花火が全く見えないので、考え所です。
ポートライナー ポートターミナル駅から徒歩約7分(第4突堤まで)

5、兵庫埠頭(兵庫突堤)
打ち上げ場所から少し離れますが、視界を遮るものが何もないので、綺麗に全体を見渡せます。
地下鉄海岸線 中央市場前駅から徒歩約17分(中央市場前駅から無料シャトルバスがでています)

6、布引ハーブ園
布引ハーブ園へは、ロープウェイを使いますが、中腹にある「風の丘しばふ広場」は、花火が1番綺麗に見えるスポットです。打ち上げ場所からはだいぶ離れてしまいますが、全体を見渡せます。テイクアウトの飲食店があります。
地下鉄 新神戸駅より徒歩約5分の所にロープウェイ乗り場があります。
料金
通常:大人1500円 子供750円(往復)
ナイター営業(17:00以降にチケットを購入の方対象。往復のみ販売):大人900円 子供550円
時間(ロープウェイ) 上り終発20:15、下り終発21:00

6、摩耶山 掬星台
打ち上げ場所からだいぶ離れていますが、神戸の夜景を見る絶景ポイントなので、夜景と花火を一度に楽しむことができます。店内から夜景が眺められる、レストラン「マヤテラス」があるので、夜景を目の前に食事を楽しむのも良いですね。
行き方
車の場合、市営天上寺前駐車場から歩いて約15分(台数に限りあり)
徒歩の場合、バス・ケーブルカー・ロープウェイを使います。JR三宮駅から「18系統摩耶ケーブル方面」行きに乗り、摩耶ケーブル下で下車。ケーブルカーとロープウェイに乗ります。料金は、往復で大人1540円 子供770円(ケーブルカーとロープウェイ)
ロープウェイの終発時間は、20:50です。

ハーバーランドモザイク前とメリケンパークは、毎年たくさんの人が集まる人気の鑑賞スポットで、大変混み合いますので、人混みを避けたい方はお気をつけください。

これらの穴場スポット以外に、みなとこうべ花火大会を、ホテルから見ることもできます

ホテルオークラ神戸、神戸メリケンパークオリエンタルホテル、神戸ポートタワーホテル等があります。

神戸みなと温泉「蓮」では、宿泊・日帰り・貸切プランがあるようで、ここは、旅館型の温泉施設なので、温泉や岩盤浴・溶岩浴、食事、ヨガ等色々と楽しめます。

いずれも要予約なので、ホテルから花火を見たい方は、早めの予約が必要です。花火鑑賞用のプランや特別席等が用意されているようです。

スポンサーリンク

みなとこうべ海上花火大会2019出店やライブ配信情報

みなとこうべ海上花火大会の出店は、100店舗以上あり、神戸港を囲うように、数カ所にわかれてたくさんの屋台が並びます。

1番多いのがメリケンパーク付近です。だいたいのお店が15:00頃から開きだし、21:30頃に閉まりだすようです。

屋台では、神戸牛串やステーキ丼、明石焼き等、兵庫、神戸ならではの食を楽しめるので、他県から来られる方におすすめです。

定番のものの他に、珍しいものもあるので、興味がある方は、見つけたら試してみてはいかがでしょうか。

昨年のみなとこうべ海上花火大会では、YouTubeで、アナウンサーによる実況生中継がライブ配信されました。

今年の詳細はまだわかりませんが、これまでに、テレビやネットでのライブ配信が行われてきたので、今年も行われると思われます。

みなとこうべ海上花火大会Live配信特設ページへのリンクはこちらです

みなとこうべ海上花火大会Live配信特設ページ

スポンサーリンク

まとめ

いよいよ夏も間近になってきましたが、夏の風物詩の一つと言えば花火ですよね。

みなとこうべ海上花火大会は、港で行われるため、花火の明かりが海に反射して、なんとも美しい光景を楽しめます。

場所によっては、花火とともに神戸の夜景が見れるので、それもまた美しいです。

鑑賞スポットは、有料・無料の場所やホテル等、色々ありますので、自分に合ったスタイルで、是非神戸の夏を楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました