科捜研の女19第13話のあらすじ感想と視聴率!見逃し無料動画情報も

科捜研の女 ドラマ・映画・アニメ

今年で20年目に突入した『科捜研の女』がシリーズ20周年を記念してテレビ朝日系列で木曜日よる8時から1年間を通して放送されています。

第13話(8月15日放送)あらすじ感想やゲスト出演者情報視聴率、放送を見逃した方のために見逃し無料動画の情報も紹介します。

『科捜研の女』第13話のあらすじ感想とゲスト出演者情報

宇治川のほとりで、宇治茶の老舗“久住茶寮”の職人・橋本俊介(川野直輝)の遺体が発見された。榊マリコ(沢口靖子)らが検視した結果、死因は鈍器で頭部を殴打されたことによる“急性硬膜下血腫”と判明。

しかし、殴打されてから死亡するまで1時間ほど空いており、どこか別の場所で襲われた後、自身の足で移動し、遺体発見現場で息絶えたものと思われた。また、遺体のズボンのすそ部分に数種類の細かい茶葉が付着していたが、職場である“久住茶寮”が扱っている茶葉とは一致しなかった。

 “久住茶寮”主人・久住博之(藤田宗久)とその妻・花枝(萩尾みどり)に事情を聴いたところ、元職人・角倉長治(松澤一之)が捜査線上に浮上。ギャンブル好きの角倉は、足を洗うと久住らに約束したにもかかわらず、こっそり賭けマージャンに興じているところを橋本に見つかり、5年前に解雇されたという。

その角倉が、1年ほど前から京都で緑茶カフェを開いていたことが判明! カフェで使われている茶葉を調べるため、マリコはお茶に詳しい宇佐見とともに店を訪ねるが、宇佐見は角倉から「茶の道をなめている」とたしなめられてしまい、すっかり消沈してしまう…。

そんな中、“宇治茶グランプリ”が開催され、久住は自身が合組(ごうぐみ=ブレンド)した茶を出品する。ところがその会場に角倉が現れて…!?

引用先:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/

ゲスト出演者:松澤一之、萩尾みどり、藤田宗久、川野直輝

第13話の感想です

前回までの感想はこちらです

『科捜研の女』第9話〜第13話の視聴率

第9話から今回までの視聴率を紹介します。

第9話 12.1%

第10話 10.2%

第11話 11.5%

第12話 10.4%

第13話   9.8%

『科捜研の女』の放送を見逃したら

ドラマの放送を見逃してしまっても大丈夫です。

こちらで紹介するサイトで放送後一週間は無料で見ることができます。

テレ朝キャッチアップ

TVer

『科捜研の女』の動画を1話から最終話までみる方法は?

放送を見逃して一週間たってしまったり、1話から最終話まで見たい!という方のために、動画配信サービスをご紹介します。

ビデオパス

ビデオパスでは、見逃し配信が見放題なので見逃した新作ドラマやアニメがすぐに見られます。
1話から最終話まで見るには、無料お試し登録をすることをお勧めします。
ビデオパスは無料お試し期間をすぎると月額562円(税抜き)です。

ビデオパスでは毎月もらえるコイン540円分を利用して

最新作がすぐにみられる
コインなしでもみられる「見放題作品」も盛りだくさん
映画、ドラマ、アニメ、独占コンテンツがいつでも楽しめる

そのほか

全国のTOHO CINEMASで毎週月曜日1100円で映画をみられる
CINEPLEXでは、割引料金1400円で鑑賞できる

もっと詳しく知りたい人はこちらでチェック⇒ ビデオパス30日間無料お試しサービス
ビデオパス見逃し配信中のドラマはこちら
ドラマが好きならこちらも合わせてチェック!
動画配信サービスについてもっと知りたい方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました