スポンサーリンク

福岡国際マラソン2019国内と海外招待選手!日程やテレビ放送情報

イベント・スポーツ
スポンサーリンク

今年開催される福岡国際マラソン2019は、東京オリンピック男子マラソン代表の最後の枠、3枠目を決める重要な大会となっています。

今回は、福岡国際マラソン2019について、国内と海外招待選手の紹介、日程やテレビ放送情報をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

福岡国際マラソン2019の国内と海外招待選手一覧!

第73回福岡国際マラソン選手権大会 兼 マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ ~東京オリンピック日本代表選手選考競技大会~は、日本陸上競技連盟、朝日新聞社、テレビ朝日、九州朝日放送主催で行われるマラソン大会で、毎年12月の第1日曜日に開催されています。

 

このマラソン大会は、世界で最も長く続くマラソン10大会の一つで、かつては、「非公式の世界選手権大会」とみなされ、トップランナー達が集う、世界最高峰のレースと言われています。

 

コースは、平和台陸上競技場をスタート・ゴール地点とし、福岡市西南部を周って、福岡市東区香椎を折り返し地点として、42.195kmを走破します。

 

国内と海外招待選手一覧

海外招待選手
エルマハジューブ・ダザ(モロッコ)

ツェダトアベジェ・アヤナ(エチオピア)

コーエン・ナート(ベルギー)

レイモンドキプチュンバ・チョゲ(ケニア)

アマヌエル・メセル(エリトリア)

アブディイブラヒム・アブド(バーレーン)

クリスチャン・パチェコ(ペルー)

シャドッラク・キプラガト(ケニア)

国内招待選手
藤本 拓(トヨタ自動車)

佐藤 悠基(日清食品グループ)

川内 優輝(あいおいニッセイ同和損保)

マイケル・ギザエ(スズキ浜松AC)

福田 穣(西鉄)

 

今回の大会では、2020年東京オリンピック男子マラソン日本代表の最後の枠を、決める大会でもあります。

今年9月15日に行われた「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、優勝の中村 匠吾(富士通)、2位の服部 勇馬(トヨタ自動車)がオリンピックの代表に内定しました。

残りの1枠は、MGCで3位だった大迫 傑(ナイキ)か、今大会から始まる対象3レース、福岡国際マラソン・東京マラソン(2020年3月1日)・びわ湖毎日マラソン(2020年3月8日)で、日本陸上競技連盟が設定したタイム2:05:49を上回った最速の選手が選ばれます。

近年の結果・優勝者

2016年
優勝 イエマネ・ツェガエ(エチオピア) 2:08:48

2017年
優勝 ソンドレノールスタッド・モーエン(ノルウェー) 2:05:48

2018年
優勝 服部 勇馬(トヨタ自動車) 2:07:27
2位 イエマネ・ツェガエ(エチオピア) 2:08:54
3位 アマヌエル・メセル(エリトリア) 2:09:45
昨年は、日本選手が14年ぶりの優勝を果たしました。

ちなみに、最高記録は、ツェガエ・ケベデ(エチオピア)選手の2:05:18です。

 

過去の記録から見ても、日本陸連が設定した、2:05:49のタイムは厳しいものとなっています。日本選手達がどんな走りを見せてくれるのか楽しみですね。

 

福岡国際マラソン2019の日程とテレビ放送情報

第73回福岡国際マラソンは、2019年12月1日(日)12:10~開催されます。

テレビ放送は、テレビ朝日系列で全国生中継の予定です。

昨年、テレビ朝日系列全国29ネットで、12:00~14:26まで実況生中継されたので、おそらく放送時間も同じ12:00からだと思われます。

テレビ中継の他にラジオ放送も行うようです。

昨年は、全国6局ネット(九州朝日放送・ニッポン放送・朝日放送・東海ラジオ・STVラジオ・信越放送)で、12:00~14:30まで放送されました。

まとめ

今年行われる福岡国際マラソン大会では、東京オリンピック男子マラソン代表者、最後の枠を決める大会ですが、その枠を手にするためには、設定タイムを上回らなければなりません。

果たしてどの選手が優勝するのか、東京オリンピック代表の切符を手に入れるのか、楽しみですね。

さいたま国際マラソン2019ボランティア応募情報!交通規制図と時間帯もチェック
今年も開催されるさいたま国際マラソン2019。 大会を盛り上げる中で、必要不可欠な存在として、ボランティアの方々がいます。 そこで今回は、さいたま国際マラソン2019ボランティア応募情報をご紹介。また、交通規制図と時間帯もチェッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました